BLOG  ブログ
ブログ
ブログ

自宅マイナスイオン(陰イオン)の実践

代表ブログ 空気

自宅マイナスイオン(陰イオン)の実践

おはようございます。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

我が家は、マイナスイオン発生器を4台稼働させています。

1つの吹出口から200万ionsのマイナスイオンが発生しており、

48吹出口×200万ions=9,600万ions

が、約76㎡の空間に発生しています。

約5年間24時間365日使用

大人2人と犬猫でマンション住まいです。

現在、マイナスイオン発生器については、

日本機能性イオン協会(大阪市)が2001年発足。古くよりイオン測定しており、

ネット画像

発生量によって、1~6(最高値)のクラス認定し、マイナスイオンの発生を証明しています。

ですので、先ずマイナスイオン発生器については、このような認定機関の認証がある製品をおすすめいたします。

勿論、滝風イオンメディックはクラス6の認証済です。

このシールが貼られています。

その他に、生活習慣病予防学術委員会と予防医学&代替医療振興協会のシールが貼っています。

この様に各認定機関がありますので、イオン発生器の判断の一つになると思います。

我が家で使用約5年となりますが、マイナスイオン発生器が無い生活が考えられないくらいで、出張の際にも必ず持参します。

私は、最初半信半疑で使用し、その価値がわかるまで少し時間がかかりました。

最初に驚いたことは、仮眠をしたときに近くに滝イオンを置いて使用、30分位の仮眠が驚くほどスッキリし、寝室使用を始めて一ヶ月過ぎ朝の洗顔の際に肌の調子のよさを感じました。妻も同様、現在継続中です。

又、我が家のいぬのロッタはシュナウザーとポメラニアンのミックスで毛が硬い犬種ですが一ヶ月くらいで柔らかくなっていました。

その他、数えきれない実感をしているのですが、見えないわからない空気ですので、個人差があり、わかる人とわからない人がいます。

皆様に体感いただきたいのですが、おススメの使用方法がございます。

マイナスイオンの特性より至近距離での使用と寝室使用です。

特に、疲れや病気、運動後の際は近くで吸引してください。

寝室の使用はこちらの動画をご覧ください

この環境を続けているわけなのですが、

私は毎年病気をしていましたが、それが一切なくなり元気を実感できるほど体感している状況です。

この、マイナスイオンには酸化と還元が関係しており、

1990年代から、菅原明子氏「マイナスイオン生活のススメ」著書などで、マイナスイオンの環境をおススメしています。

ネット画像

住宅のシックハウスの問題や電磁波問題も解決!?

私もマイナスイオン生活をおススメしているのですが、

発生量の必要性を感じています。

マイナスイオン発生器については、イオンクラス6認定の製品をご使用ください。

マイナスイオンの特性を知れば、少ない発生量ですと”意味がない”場合があります。

製品特性を知り活用することによって、マイナスイオンの本当の力が発揮できると感じております。

空気をケアする

マイナスイオン発生器がスゴイんです

私の空気はこちら👇

https://ion.basis-life.com/takiion

メーカーホームページはこちら👇

https://takiion.co.jp/

滝イオン14日間お試し貸出しはこちら👇

https://ion.basis-life.com/otameshi