BLOG  ブログ
ブログ
ブログ

水の情報と健康

水の情報と健康

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

”水素水”

もう知らない人はいないのではないでしょうか?

2007年ネイチャーメディシン掲載

水素が悪玉活性酸素を除去

日本医科大学の太田教授により

水素水が話題になって約15年。

私は約12年前に水素水サーバーの開発製造メーカーに在籍し、

携わることとなったのですが、

現在”水素”については、

水素ガスが医療認可されるなど、

日常に浸透してきたと思います。

ここで、私が経験してきた”水素”の情報をお伝えします。

先ず、”水素”が悪いと言っているわけではありません。

しかし、原子最小単位の物質のため、特性があり、

使用方法の適宜があると感じております。

なぜか?

水素水については、

水に溶け込む”水素”量に上限があります。

水に溶け込む水素量は

約1.6ppmです

1.6ppm=0.00016%

例えば水1ℓに対して0.00016%しか溶存することはできないのです。

先ず根底に”水素水”と呼んでよいのか?

それよりも、多くが電気分解方式によるものですので、

”電気分解水”又は”アルカリイオン水”

と呼ぶのが適正ではないのでしょうか?

私が携わった水素水で、水素量が0.8ppmを下回るまで約2.3日

振ったら直ぐ揮発します。

水素ガスをばっ気注入、

ROろ過処理後ミネラル添加。

その当時は、最先端の水素水でした。

しかし、全てはお金とエゴ

わかってしまったのです。

また、ピュアウォーターは

RO処理(逆浸透膜フィルター)されています。

注意が必要!

水は、浄水しすぎてもダメなのです!

そういった水は、瞬間的に良くても歳月をかけて実体験として身体を害するのです。

ですので、

水素を活用する場合は、

水素ガスを活用がおススメです

(水素ガスも色々あります)

そして、もっと大切なのは、

水素にもある

”電子”

なのです。

”電子”が無ければ”水素”が活躍できないのです。(物質を摂取しても電子が無ければ活躍できない)

ですので

電子の豊富な環境=マイナスイオン環境

何よりも先に行う、病気が逃げる健康法なのです。

そして、”水”も電子の豊富な”マイナスイオン水”をおススメ

更に良質なミネラルを摂取することで、ポテンシャルが上がるのです。

”水”は自然の摂理から作り出され、何にでも変化する液体

自然の法則

地球の法則

宇宙の法則

が詰まった大切な物質なのです。

結論

水素水を

水素水と呼ぶには

無理があるのでは、、、

私は、空気と水で、

本当に良いモノを知っていただき

健康になっていただきたいのです

しかし、今の市場はお金の絡みが優先しており、

本当に良いモノの情報が埋もれて入ってこないと思います

新しいキーワードで最先端とうたう製品が次々と売り出されていますが

果たしてその物質・成分がどれだけ入っているか、

開発者を知っていますか?

理解して手にとっていますか?

モノを知り

開発者を知り

製造を知り

実践体験しなければ、

本当のモノの価値は判らないはずです。

いい加減ではダメなのです

ここまで言うのは

健康が左右しているからです

正しい情報を知り

一人でも多くの方のお悩み解決となれば幸いです。

全ては、より小さなモノに左右されます

毎日の習慣をより良いモノへ

私の空気はこちら👇

https://ion.basis-life.com/takiion

マイナスイオン発生器お試し貸出はこちら👇

https://ion.basis-life.com/otameshi

私の水はこちら👇

https://ion.basis-life.com/dileka

ミネラルイオンスプレーはこちら👇

https://ion.basis-life.com/ionaquajet

ナチュラルライフの実践Facebookはこちら👇

https://www.facebook.com/shinji.hatanaka.71